注目の二世帯住宅のメリット |注文住宅のハウスネットギャラリー


掲載情報件数

完成事例 1455 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「2世帯住宅」
  3. 注目の二世帯住宅のメリット

注目の二世帯住宅のメリット

二世帯住宅とはその名の通り、2つの世帯が一緒に暮らす家のこと。
親と子で同居して暮らすということに抵抗を感じる方も多いのかも知れませんが、最近ではその二世帯住宅が見直されています。ご実家を建て替えたり、両親の所有している土地に建てるというパターンが多いようです。
そんな、注目の同居スタイル「二世帯住宅」のメリットをご紹介しましょう。

掲載事例:「シンプルモダンな二世帯住宅」 株式会社アイコーホーム

掲載事例:「シンプルモダンな二世帯住宅」 株式会社アイコーホーム(こちら
共有の玄関、気兼ねなく集まれるリビングは1階と2階にも設置した二世帯住宅

建築費・光熱費・税金面など二世帯には経済的なメリットがたくさん

二世帯住宅だから単純に全部2倍と勘違いする方もいますが、意外に経済的なメリットが期待できるのが嬉しいポイントです。

・建築費の削減
両世帯で出し合えば、ひと世帯当たりの建築費用は抑えることができます。また、土地探しから新築は難しくても、ご両親の住んでいるご自宅を二世帯に建て替えという選択肢も生まれるため、選べる選択肢も広がり、土地代は掛からずに、建築費のみを考えればいいので土地取得費用がそのままコストダウンできるということです。

・光熱費の削減
通常の一戸建てに比べて、二世帯住宅は光熱費を削減できる可能性があります。
理由としては、屋根や地面など一面でも外気に触れないだけで、消費されるエネルギーが削減されるということです。つまり、通常の一戸建ては外周全てが外気に晒されますが、二世帯の場合は、上下左右にそれぞれの世帯の空間を作ることが多く、その別世帯と接している面が外気に晒されないため外気温の影響が単世帯住宅と比較して少ない家になるのです。

また、二世帯で共有する時間が増えることも大きなポイントです。
例えば、食事をする時間を一緒にすることで、家事の際に利用するエネルギーも共有できます。または浴室を共有することも、エネルギーの消費量は抑えられます。
計画する際に、その点も意識してみはいかがでしょうか。

・税金面でも優遇【土地の相続税評価額が80%も減額】
ご両親と一緒に暮らす二世帯住宅とすることで、「相続税対策」に繋がります。2015年から相続税の基礎控除額が引き下げられました。それによって、今まで相続税の対象ではなかった世帯も、相続税を支払わなければならない可能性が出てきました。

それを回避するために、「二世帯住宅」が役立ちます。親の所有している家を二世帯住宅にして、子が親と同居し、親名義の自宅土地を子が相続することで一定面積まで相続税評価額が80%も削減されます。

生活面の家事など双方で協力できるのも嬉しい

日々の生活を送るうえで、大切な家事などを双方でサポートできるのが二世帯住宅のポイントです。お互いの生活が快適になるよう、どの部分までを協力するのかしっかり決めておくことが重要です。

・日常の忙しさで煩雑になりがちな家事も協力して行える
どちらかの世帯が不在の時に、日常の家事をお願いできるのも嬉しいポイント。
例えば、急な雨の時に洗濯物を取り込んでもらうことや、宅配便を受け取りもお願いできます。さらに遅く帰ってくる日は、食事の支度をお願いすることもできます。単世帯では頼れる人がいないという場面でも、二世帯であれば違う生活スタイルの世帯と暮らすので家事の面で頼ることも可能です。

・子育てを親・子で協力して行える!
子世帯の共働きが増えている昨今、子育てをサポートしてくれる親世帯が近くにいることは非常に心強いものです。子供の保育園の送迎や学校からの帰宅時に親世帯に預かってもらえるので安心して仕事もできます。何より急な病気の際にも、仕事を休まずに親世帯にお願いできるのも子世帯としては嬉しいポイントでしょう。
親世帯も孫の成長を近くで見ることができ、無理しない範囲で子育てにも携わることができることが、生活の活力につながります。

・加齢による生活でのサポートが受けられる
普段の生活で歳故に心配なちょっとしたことも、子世帯が傍にいることで気軽に相談できます。いざ介護が必要になった際も、普段の様子を知る家族がそばにいることで、自然な形で介護を受けることができるでしょう。

常に近くに親族がいることで「安心」した生活をおくることができる

何より嬉しいのは、急な病気や入院を余儀なくされた場合に、直ぐに家族に協力をあおぐことができるのは心強いメリットでしょう。また二世帯住宅は単世帯と異なり、完全に家が留守になる時間も少なくなります。そのため、防犯面でも効果的です。

ここまではメリットをご紹介してきましたが、物事には反するデメリットもあります。続いては、二世帯住宅で注意すべきデメリットをご紹介します。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てた二世帯住宅の施工事例を100件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。