プランニングの基本~ 二世帯住宅の種類と特徴 |注文住宅のハウスネットギャラリー


掲載情報件数

完成事例 1455 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「2世帯住宅」
  3. プランニングの基本~ 二世帯住宅の種類と特徴

プランニングの基本~ 二世帯住宅の種類と特徴

プランニングの基本となるのは、同居のスタイル。大きく分けて【完全共有】【部分共有】【完全分離】の3タイプがあり、家族の生活スタイルに合った形を選ぶことで理想の二世帯住宅が建てられるでしょう。
ポイントとしては、以下の2点。

・コミュニケーション重視なら共用型
・各世帯の独立性重視なら分離型

それをふまえ、二世帯住宅のスタイル別の特徴をまとめていきます。

掲載事例:「やさしさに包まれた家」 株式会社ユーキ・コーポレーション
掲載事例:「やさしさに包まれた家」 共有の玄関も広く使い勝手に考慮しています。

掲載事例:「やさしさに包まれた家」 株式会社ユーキ・コーポレーション(こちら
プライベート空間以外は全て共有した、ご両親とご兄弟で楽しむ完全共有型の二世帯住宅です。

個室以外は共有の【完全共有型】

建築コストも規模もスリムになるのがポイントです。世帯間で自然なコミュニケーションが生まれこともメリットの1つ。共有スペースである居間やキッチン・トイレ・浴室などの設備は共有で使用します。

・メリット
全て分離される二世帯住宅に比べて共有スペースが多いため、建築費が抑えられる

・デメリット
共有部分が多いため、プライバシーや生活の自由度は低め
生活時間のずれによって、生活音に非常に気をつかう

そんな完全共有型は、1階に共有部分の「玄関」「LDK」「浴室」「トイレ」などを設置し、2階にそれぞれの個室を設けるプランが一般的です。二世帯での暮らしが成功するかどうか、親子関係が一番関わってくるスタイルと言っても過言ではありません。
プランニングの際は、共有スペースと個別スペースの配分を要検討することが非常に重要なポイントとなります。

掲載事例:「四世代・二世帯家族の家」 パナソニック ホームズ株式会社愛知支社

掲載事例:「四世代・二世帯家族の家」 パナソニック ホームズ株式会社愛知支社(こちら
四世代が同居するため、適度なふれあいとプライベートのバランスに配慮し、玄関は共用、キッチン・洗面・浴室は各階に配置するなど気兼ねなく生活できる部分共有型の二世帯住宅となりました。

設備などの一部を共有する【部分共有型】

さまざまな間取りが選択できるのがポイント。完全共有型よりプライバシーが保たれます。玄関・キッチン・洗面・浴室など、そのいずれかを共有するため、限られた面積でも各世帯ごとで自由度の高い間取りを選択できるのもポイント。建築費も抑えられます。

例えば、以下のように共有する部分を家族に合わせて選択できます。
「玄関」のみ共有型:玄関を除く全ての部分を各世帯ごとで分けることも可能。
「玄関・浴室」のみ共有型:キッチン・居間・トイレは別々に利用。
「玄関・浴室・居間」のみ共有型:キッチン・トイレは別々に利用。

どのプランでも気兼ねなく生活するスペースは分けつつ、適度な距離感が保たれます。各世帯のコミュニケーションが取りやすいよう工夫をするとさらに暮らしやすい二世帯住宅となります。

・メリット
面積が限られていても、二世帯住宅を実現しやすい
共有スペースを選択することができるため、間取りの自由度が高い
両世帯の気配が伝わりやすいがため、ふれあい時間を適度に持てる

・デメリット
完全共有型に比べ建築費が高くなる
共有部分とプライベートスペースを明確に分けられることから、各世帯の思考を調整するのに手間と時間がかかる場合が多い。

掲載事例:「家族のライフスタイルを重視した完全分離型二世帯住宅」外観
掲載事例:「家族のライフスタイルを重視した完全分離型二世帯住宅」 子世帯LDK
掲載事例:「家族のライフスタイルを重視した完全分離型二世帯住宅」 親世帯LDK空間

掲載事例:「家族のライフスタイルを重視した完全分離型二世帯住宅」 株式会社アキュラホーム(こちら
横空間で別けることで、生活音も気にならず各世帯の生活スタイルを反映した、完全分離型の二世帯住宅となりました。 上:子世帯LDK 下親世帯LDK空間

各世帯で玄関を設け生活ゾーン全てを世帯ごとで分けた【完全分離型】

完全分離型には2タイプあり、1棟の建物を「上下」「左右」で分けるタイプと、庭や通路で2棟の建物を繋ぐタイプです。

左右完全分離
玄関を別々に設け、二世帯それぞれに独立した生活機能を持った間取り。

上下完全分離
1階・2階でそれぞれに玄関を設け、外階段で上下階を繋ぐ間取り。内階段などで共有するスペースをつくることも可能です。

2棟完全分離型
ひとつの敷地に各世帯それぞれの独立した住まいを建築する二世帯住宅。完全に各世帯ごとで分けるため独立性の高いプラン。親世帯の土地の中に子世帯用の家を建てることも可能。共有部として、各住まいの間に中庭やウッドデッキを設け行き来することもできます。

共有型の二世帯に比べ、各世帯ごとに家を建てるため、建築費などは割高となります。ただ共有部分がないため、間取りなどは各世帯ごとで自由に選択することができるのがポイント。

・メリット
各世帯のライフスタイルを維持でき、プライバシーが保ちやすい
生活スペースが別なので、自由に家事や食事ができ、生活音も気にならない
将来、どちらか世帯用の建てたものを賃貸等に活用しやすい

・デメリット
水廻りの設備が各々の世帯で必要になることをはじめ、ほぼ新築2棟分の建築費がかかる
それぞれの世帯ごとに居住スペースが必要になることから、広い土地が必要
お互いの気配が伝わりにくい分、万一の急病や事故に気づきにくい

二世帯住宅のスタイルごとの特徴をお伝えしましたが、どのスタイルがご自身に合っているのかと考える方も多いことでしょう。

続いては、その最適な間取りを選ぶポイントをご紹介します。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てた二世帯住宅の施工事例を100件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。