掲載情報件数

完成事例 1499 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 完成事例「中庭・坪庭のある家」
  3. 中庭の魅力は、「明るさ」と「開放感」そして「安心感」

中庭の魅力は、「明るさ」と「開放感」そして「安心感」

中庭とは建物の壁や塀、もしくは植栽などに周囲を囲まれた庭のことを指します。庭を家と一体化した開放的な空間をつくることができます。
最近では、今までの庭という概念とは異なり、もう一つのリビングスペースのように中庭を活用する家も増えています。用途もさまざまで、庭だから植物だけではなく多目的に利用できるスペースとしても有効的。
そんな中庭のメリットをみてみましょう。

掲載事例:「ママとみんなに心地よい二世帯住宅」 住友林業株式会社

掲載事例:「ママとみんなに心地よい二世帯住宅」 住友林業株式会社(こちら
「みなんなの中庭」として家の中心に配置。子供の遊び場としても、趣味のスペースとしても大活躍

最も大きなメリットの1つは、採光。自然光を取り入れることができるため部屋が明るくなります。

建てる敷地の形状などによって普通に窓を設けただけでは、採光がとりにくいことも多々あります。そこで活躍するのが「中庭」です。中庭を取り入れることで、壁面が増えるため窓を多く設けることが可能となります。そのため様々な方向から採光を確保することができ、自然と室内へ光が届き、明るい室内となります。

部屋の延長のように中庭を設けることで「開放感」ある空間に。

中庭を中心にして、四方を囲むように部屋を配置した間取りが人気です。中庭を通して各部屋への見通しも良くなります。中庭という空間で、程良い距離感を保てることも人気の秘訣。室内と自然を隔たりなく共有できる空間づくりが魅力的。そのため中庭も部屋の一部に見え、空間全体に広がりがうまれ「開放感」を味わうことができます。
また、室内にいながら外部空間を身近に感じることができるのもポイント。ご自身の部屋でくつろぎながら、中庭を通して外を眺めることで、気持ちも開放的になること間違いありません。

プライバシーの高い空間となるため、「安心」できる空間が実現する。

通常の庭ですと、将来的に庭の前に建物が建ち居心地の悪い空間になるという話を良く耳にします。しかし「中庭」の場合は、ご自身の家の壁によって、外部環境の影響を受けにくいのも嬉しいポイント。人の目線も気にならないため、完全にプライべート空間が実現します。
また、「中庭」は家族の憩いの場としても大活躍します。中庭を子供の遊び場と活用することで、道路で遊ぶよりも安全です。家族同士のコミュニケーション図る場として役立ちます。

その他に、「通気」が取りやすいこともポイントとして挙げられます。どの方面からも風を取り込むことができるため、非常に風通しのよい家をつくることが可能です。

中庭の魅力は、室内が「明るく」なること。室内と中庭の空間が繋がるため非常に開放的なこと。通常の庭と異なり、完全なプライベート空間を実現できるのも嬉しいポイントでしょう。そんな外部の影響が少ないことから、子供が安心して遊べる空間としても注目が高まっています。
続いては、中庭を計画する際の注意点をご紹介します。(こちらから

▼ハウスメーカー・工務店・建築家の建てた中庭のある家の施工事例を50件以上集めました。ぜひご計画の参考にご覧ください。